起業・ビジネス

女性起業コンサルタントが教える『やりがいも、お金も、時間も全部手に入れる方法』

こんにちは。
コンサルティングハートの水澤純です。

今回の記事では、

自分らしい働き方をして、やりがいも、時間も、お金もバランスよく全部ほしい!

そんなあなたのための、ビジネスデザインの方法をお伝えします。

え?そんなに欲張っていいのかって?

いいんですよ、ちゃんと欲しいものは欲しいと認めて下さいね。あなたの大切な人生ですから。

この記事を書いている人
女性向けに起業や個人ビジネスのコンサルティングをしているコンサルタントです。

やりがいが手に入るけど…一人起業の落とし穴

近年ITテクノロジーが普及したことにより、起業ハードルは限りなく下がりました。

しかも、世の中は副業推進の流れが加速しています。

個人としてビジネスをすることは、特別なことではなくなりました。

でも、限りなくコストは抑えて独立起業できるかわりに、実はあるものを犠牲にしている女性起業家さんがとても多いんです。

✔︎あるものを消費する働き方

それは、あなたの時間です。

資本や固定費なしで始める起業のほとんどが、あなたの時間を使ってやる仕事だからです。

コーチング、カウンセリング、講師業、ハンドメイド、占い、エクササイズ、コンサルタント、フォト撮影、デザインなど・・

これらの仕事が好きで楽しいなら、やりがいも充実感も手に入るでしょう。

わたし自身も、感謝していただいたり、信頼関係が築けたり・・素敵なクライアントさんばかりでとても充実しています。

でもこの働き方だと、時間や収入については、どうしても頭打ちになります。

時間には上限があり、時間労働をする限りは、受注できる仕事量にも限界があるからです。

では、やりがいに加えて、時間もお金も、望むような配分にするにはどうしたらいいのでしょうか。

この記事で解説します。

一人起業家は主体的に自分らしい働き方をデザインする時代へ

これまでフリーのコンサルタントとして、個人事業主の方のお悩みを聴いてきたわたしだからこそ、強く思うことなのですが

✔︎一人起業家やフリーランスは、もっと自由になれる

そう考えています。

フリーランスというと、従来は企業の下請けというイメージがありました。

一人起業家が、対個人のサービスを展開するにしても、toCモデルは法人案件に比べると単価は安くなりがちです。

自分の好きな仕事ができてやりがいはあっても、自分が働き続けなければ売上が上がらない。

そういう状態の人がとても多いです。

これでは、生活もビジネスもなかなか安定しません。

せっかく独立したのに、お金や時間からはフリーになれない。ちょっと皮肉な感じですよね。

でも、このブログにたどり着いてくださったあなたには、きっとこれも必要なご縁です。

これまでの常識やイメージは、疑ってみて欲しいと思います。

一人起業家の新しい働き方のモデルは、こうあるべきじゃない?

そこで、わたしが提案するのは、

時間労働×スケールするビジネス

このモデルです。

時間労働だけでは、やりがいはあっても安定しない。

ならば、”非”時間労働のビジネスモデルを好きな割合で取り入れたらいいだけです。

人生において、ライフスタイルの変化は必ずあります。人によって、それは育児や介護かもはしれない。健康状態にも波があるかも。

それにモチベーションややる気だって、生涯ずっと熱量高く保てるかわからない。たまには休みたいときもあるでしょう。

だから、好きな仕事を続けるためにも、自分の時間に依存しないビジネスを取り入れましょう。

✔︎この記事を書いてるわたし自身のこと

実際にわたし自身、生後1カ月の赤ちゃんを抱っこしながら、この記事を書いてます。

こうしてブログを1記事書くだけでは、すぐに売上につながることはありません。

ですが産前からビジネスモデル整えてきたので、今現在は稼働せずとも暮らせるだけの収益があります。

そうできるように、自分の働き方をデザインしました。

もちろん、本業がコンサルタントなので、自主育休を終えたらコンサル業に復帰する予定です。クライアントさんも待ってくれてますし。

とにかく、ここで知っておいて欲しいことは、

一人起業家やフリーランスであっても、労働集約型ではないモデルで収益源をつくることができるという事実です。

それによって、やりがいも時間もお金も、自分好みにデザインすることだってできるんです。

さあ、自分らしいビジネスを。一人起業家の能力は高いんだから!

あなたがすでにフリーで仕事ができているということは、それだけ世の中に求められるスキルを持ってるということですね。

さらに日々、顧客と膝を突き合わせて顧客の声を聴き、汗水たらしてスキルを磨いてるはずです。

であれば、

その磨いたスキルを、労働型ではないモデルにも落とし込んでみて下さい。

やり方は、いくらでもあります。

具体的には、こちらの記事で一人起業家が+αで導入するのに適したビジネスモデルを紹介しています。

【ビジネスモデル一覧】一人起業のビジネスモデルを見直して、最低でも毎月30万円の利益をあげよう。こんにちは。 コンサルティングハートの水澤純です。 この記事では一人起業家が「毎月30万円の利益」を得るために必要なことをお伝え...

フリーランスは、労働×非労働をバランスよくデザインするという視点を持つ時代へ

わたし自身は、ズバ抜けて特別な能力があるわけではありません。ですが、正しいやり方を知っています。

ここでいう正しいとは、実証的で再現性のある方法論のことです。

ビジネス理論、とくにマーケティングの知識です。

つまり方法がわかれば、自分の好みに働き方をデザインできる。

方法は今後も発信していきますので、まずは自分が取り入れてみたいビジネスモデルを考えてみて下さいね。

それが、あなたがもっと自由になる、第一歩です。

ビジネスモデルを追加する具体的で再現性のある手法については、メルマガで無料公開しているので、よかったら登録してくださいね。

無料メールマガジン