マインド

飽きられない人は、変化する人。フリーランスは、息をするように挑戦しよう。

こんにちは。
コンサルティングハートの水澤純です。

SNSなどを見ていて、この人面白いなあと、つい動向を追ってしまう人っていますよね。

観察してるとわかりますが、そういう人って、常に挑戦を続けています。

日々前に進んでいて、ときどき、あっと驚くサービスをリリースしたりします。

今回は、飽きられないためには変化する必要があるという話をします。

人は先の見えないものに、熱狂する。

もし、未来がすべて予想できたら、どうでしょうか。

安心かもしれないですが、全然わくわくしませんよね。

たとえば、変な例ですが

あなたの部屋の冷蔵庫の中に、牛乳が一本入ってるとします。

その状態で、わざわざ何度も扉をひらいて、冷蔵庫のなかを確認したいと思うでしょうか?

何度見ても、そこには牛乳があるだけ。

ならば一度確認したら、それっきりです。

それ以上の興味を持ちません。当たり前ですね。

一方で、毎回扉を開けるたびに、魅力的で異なるスイーツが現れる、魔法の冷蔵庫なら?

たぶん、何度も開け閉めして、次はなにが出てくるだろう?と、ワクワクドキドキしてしまいますよね。

人は、先が予測できないことは、つい気になってしまうのです。

世の中には、人を興奮させる仕掛けが溢れている

実は、似たような仕掛けというのは、世の中にたくさんあります。

たとえば、SNS。

毎回フィードを開くたび、新しい情報が目に入ってくるようになっています。

自分の知らない、楽しい情報があるのではないかと期待して、ついアプリを開いてしまうはずです。

他にも、ゲームアプリのガチャに課金してしまうのも、先が読めないドキドキ感に興奮してしまうからです。

ある脚本家が、テレビドラマは次回予告が1番大事だ、と言ってたのですが

これもまさに、視聴者が、次の展開が読めない!知りたい!と反応することを知ってるからですよね。

不確実性に反応するのは人間の本能

こうした不確実性に反応して興味をもってしまうのは、人間の本能です。

実際に、先が読めない状況では、ドーパミンが活性化し、脳が興奮することがわかっています。

確実なことばかりを追い求めて変化を嫌えば、可能性が狭まり、人類の行く末自体が先細りしますよね。

不確実なものに反応するのは、生き残るために脳に組み込まれた本能というわけです。

恐れずに変化しよう。変わらないことは、リスクです。

ですから、私たちもまた、変化をやめれば、人々に飽きられてしまいます。

魅力的な人でいたいなら挑戦し続けないといけません。

大変な気もしますが、挑戦は自己成長にもつながりますし、自分で仕事を続ける上では必要なことですよね。

変化することへの恐怖心がある人は、そのマインドは、手放しておきましょう。

変化し続けながら、ビジネスを安定させるには、どうしたらよいの?

とはいえ、あまりにも変化が激しすぎると、何をやってる人かわからなくなったり、定番商品が生まれなかったりして

ビジネス的に、安定しないんじゃない?

と思われる人もいるかと思います。

それはその通りで、維持と変化のバランスも大事です。

例として、誰もが知るようなファッション系のハイブランドも、

定番商品やブランドコンセプトはありつつも、シーズン毎のコレクションを毎回発表しますよね。

ブランディングと変化は、共存できるということ。

逆に全く変わらなくて済むのは、子ども向けの絵本など、顧客の新規流入が必ずある市場です。

子どもは、毎年うまれてくるので、

「はらぺこあおむし」「ぐりとぐら」は飽きられることなく、ロングセラーであり続けることができます。

ビジネスを継続するなら、変化しつつコアは維持すること。

ですから、自分でビジネスをやってる私たちもまた、

挑戦して変化する姿を見せながらも、同時にビジネスのコアとなる柱は構築するべきです。

維持と変化のバランスを見極めながら、どんどん挑戦は続けたいですね。

無料メールマガジン